はじめての有機野菜と食材宅配

意外と長持ち?スーパーやコンビニのカットフルーツの消費期限・賞味期限まとめ

カットフルーツの消費期限・賞味期限

朝食やおやつ、デザートに何かと重宝するカットフルーツ。

既に皮がむかれていて、食べやすい大きさにカットされているので、気軽に果物を食べられます。

カットフルーツで気になるのは「消費期限や賞味期限はどれくらい?」という日持ちに関すること。

スーパーやコンビニでいくつか買いだめしておいて、明日や明後日の一品として食べて安全なのでしょうか?

家庭で良く食べられているカットフルーツの消費期限・賞味期限をまとめました。

カットフルーツの消費・賞味期限

  • パック入りのカットフルーツ
  • カットりんご
  • シロップ漬けカットフルーツ

パック入りのカットフルーツ

パック入りのカットフルーツ

パックに入っているタイプのカットフルーツの消費期限は加工日から4日間が目安です。

例えば加工製造月日が5月18日であれば、消費期限は21日。

スーパーやコンビニの店頭に並んでいる時は、加工日から一日経っていることが多いので、購入したら明後日までに食べ切る必要があります。

  • カットフルーツミックス
  • カットメロン
  • カットパイン
  • カットパイン

……など、皮がむかれて一口サイズにカットされたフルーツの消費期限は、丸ごとと比べて短いです。

またスーパーで作られているカットフルーツの場合は消費期限がより短く「加工日の翌日が消費期限」という場合もあります。

カットりんご

カットりんご

ローソンやナチュラルローソンなどで売られていることが多い、カットりんご(フルーツポーションリンゴ)の賞味期限は加工日から11日間です。

ビタミンC溶液でリンゴ表面の酸化と変色を防止して、鮮度、水気の長期間維持が可能になっています。

シロップ漬けカットフルーツ

シロップ漬けカットフルーツ

カットされたみかんやパイン、黄桃などをシロップ漬けにした商品の賞味期限の目安は8ヶ月です。

缶詰めタイプのフルーツと味などはほとんど変わりませんが、缶詰だと賞味期限が16ヶ月なので、保存期間が短いことは覚えておいて下さい。

まとめ

  • 生のカットフルーツ……4日間(消費期限)
  • 加工されたカットりんご……11日間(賞味期限)
  • シロップ漬けカットフルーツ……8ヶ月(賞味期限)

カットフルーツの状態によって、消費・賞味期限が異なります。

パック入りの生果物のカットフルーツであれば、購入して明日や明後日までに食べ切れば、まず問題ありません。

消費期限はメーカーや販売者が「消費期限以降の商品の品質に関して、責任は持ちません」という意味です。

期限が切れた後のカットフルーツを食べる時は自己責任でお願いします。

どうしても消費・賞味期限内に食べられない場合は、そのまま冷凍保存をすれば長持ちします。

関連記事をもっと読む